病院概要

回復期リハビリテーション病棟

 回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管障害や骨折の手術など急性期治療後の病状が安定し始める時期を回復期といいます。
この回復期に集中的なリハビリテーションを行うことで低下した能力を再び獲得するための病棟が回復期リハビリテーション病棟です。
機能の回復だけでなく、寝たきり防止や日常生活動作(食事、排泄、更衣、入浴等)の能力向上と、社会や家庭復帰、生活の自立等を目標に、多くの専門職種がチームを組んでリハビリテーションを実施します。
他院入院中の方のご相談も承ります。

入院対象となる方

・対象となる病名と、発症から入院までの期間、病棟に入院できる期間が決められています。
・原則として在宅またはそれに準ずる施設へ退院を希望する方が対象となります。

対象疾患発症から入院までの期間病棟に入院できる期間
1脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態2カ月
以内
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位損傷180日
2大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態2カ月
以内
90日
3外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2カ月以内の状2カ月
以内
90日
4大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態1カ月
以内
60日
5股関節又は膝関節の置換術後1カ月以内の状態1カ月
以内
90日

当回復期リハビリテーション病棟は、ベッド数37床を有しています。

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折及び脊椎疾患などの患者さまのお受け入れをしております。
他院入院中の方のご相談も積極的に行っております。
患者サポートセンターまでご相談ください

<申し込み方法>

現在、ご入院中の病院を通じて電話にてご連絡ください。

以下の書類の提出をお願いします。(FAXまたは郵送)
・診療情報書
・ADLが分かるもの
・採血データ
・薬剤情報 など

ご提供いただいた書類をもとに受け入れが可能か院内で協議いたします。
結果については後日、ご入院中の病院へご連絡します

※病室の空き状況や患者さまの状態により、入院日が前後する場合がございます。入院日は原則ご家族同伴でご来院いただきますようお願いいたします。

・お問い合わせ:患者サポートセンター

入院・転院のご希望は、患者サポートセンターにご相談ください。
TEL:03-3269-8111 FAX:03-3269-8129
受付時間:月~金曜日 8:30~17:00

 地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟とは

急性期治療を経過して症状が安定したものの、すぐに在宅へ退院するのには不安がある患者様に対し、医療管理、診療、看護、リハビリテーションを行うことを目的として、在宅復帰に向けた退院支援を行う病棟です。病状により入院期間は異なりますが最大で60日間です。
在宅療養中の方や他院入院中の方のご相談も承ります。

入院対象となる方

・急性期治療を経過して症状が安定したが、引き続き経過観察やリハビリがが必要な方
・在宅での生活に向けて調整、準備が必要な方
・医学的管理が必要な方で病院ショートステイをご利用希望の方(在宅療養中の方やその家族のために利用ができます)
・原則として在宅またはそれに準ずる施設への退院を希望する方が対象となります。

 

当院の地域包括ケア病棟はベッド数41床を有しています。


地域包括ケア病棟をご利用いただく場合は患者サポートセンターまでご連絡ください。

<申し込み方法>

現在、ご入院中の病院や関係者、地域のかかりつけ医、訪問看護師、ケアマネジャーより電話にてご連絡ください。

以下の書類の提出をお願いします。(FAXまたは郵送)
・診療情報書
・ADLが分かるもの
・採血データ
・薬剤情報 など

ご提供いただいた書類をもとに受け入れが可能か院内で協議いたします。

※病室の空き状況や患者さまの状態により、入院日が前後する場合がございます。入院日は原則ご家族同伴でご来院いただきますようお願いいたします。

・お問い合わせ:患者サポートセンター

入院・転院のご希望は、患者サポートセンターにご相談ください。
TEL:03-3269-8111 FAX:03-3269-8129
受付時間:月~金曜日 8:30~17:00