採用情報

研修評価

初期研修はEPOCシステム及び評価表・アンケートを使用する。

研修医評価

指導医からの評価

当院オリジナル評価表
Minimum EPOC上で経験目標、到達目標、レポート評価

研修医による自己評価

当院オリジナル自己評価表
Minimum EPOC上で経験目標、到達目標、レポート入力

指導者からの評価

Minimum EPOC上でコメディカル評価

指導医評価

研修医による評価

当院オリジナル自己評価表
研修アンケート
 

研修プログラム評価

研修医による評価

当院オリジナル自己評価表
研修アンケート
Minimum EPOC上で研修プログラム評価

評価時期

評価時期は当院オリジナル評価票及びコメディカル評価は各科ローテーション毎、研修アンケートは半期毎に行う。Minimum EPOC上での経験目標、到達目標、レポートは全研修期間での評価であるが、行動目標、経験目標A、B、Cにつき遅滞なく入力していく。それぞれの評価項目に応じ、指導を受けた指導医に評価依頼を行う。評価依頼を受けた指導医はその項目に対して研修医評価を行う。レポート提出も同様。プログラム評価は研修の修了に合わせて行う。

研修修了判定

 

臨床研修修了判定基準

研修実施期間

2年間の研修中の休止日数が90日以下であること(土日祝日を除く)。

臨床研修の到達目標

経験目標のうち必修項目を100%経験していること。
経験が求められる疾患・病態のうち70%以上(必修項目 48疾患を含む)を経験していることが望ましい。

経験症例等のレポート提出

全ての経験症例等レポートを指定形式で記載し、指導医の承認が得られていること。

臨床医としての適性評価

「安心、安全な医療の提供ができない場合」、「法令・規則が遵守できない者」に関しては修了を認めない。

修了認定について

研修管理委員会は、研修医の研修期間修了に際し、上記研修修了基準にもとづいた臨床研修に関する当該研修医の評価(総合判定)を行い、その結果を病院長に対して報告する。病院長は,研修管理委員会の評価に基づき、修了認定された当該研修医に対して,必要事項を記載した臨床研修修了証を発行する。
評価の結果、当該研修医が研修を修了していないと認められる場合は、速やかに当該研修医に対して、理由を付してその旨を文書で通知する。