採用情報

研修プログラムの概要

東京新宿メディカルセンター初期研修理念

医学的に有能であるのみならず、人間的に尊敬に値する臨床医を育成します。

基本方針

以下の資質を十分に備えた医師を養成します。

  1. 医師としての基本的価値観(プロフェッショナリズム)、すなわち社会的使命を自覚し、人間性の尊重と自らを高める姿勢
  2. 地域住民の医療・健康ニーズに対応できる、プライマリ・ケアおよび救急診療をはじめとする幅広い基本的臨床能力
  3. 患者の権利・意思および社会的背景を尊重し、個々の患者にとって最適で安全な医療を実践でき、医療従事者の安全性にも配慮する能力
  4. 患者およびその家族、院内外の医師やコメディカルスタッフと良好な人間関係を構築でき、チーム医療の中心的役割を担う医師として尊敬・信頼されるに値する人格・礼儀・態度
  5. 医学と医療における科学的アプローチを理解し、自らが直面する診療上の問題に対して、科学的根拠に経験を加味して解決を図り、学術活動を通じて医学医療の発展に寄与する
  6. 医療の質の向上のために常に省察し、仲間と互いに研鑽しながら、後進の育成にも携わり、生涯にわたって自律的に学び続ける姿勢

到達目標

臨床研修の到達目標

 

【研修プログラムの特徴】

当院は、昭和33年より厚生省の研修病院に指定され、現行の医師臨床研修制度においても厚生労働省指定管理型臨床研修病院として「卒後臨床研修プログラム」に則り、卒後2年間の医師の養成を行っている。
当院では、平成24年度採用よりプログラムを「総合コース」(プログラム責任者:堀江美正内科主任部長)、「外科重点コース」(プログラム責任者:山形誠一副院長)の2つのコースに再編した。プライマリケアを中心とした広く基本的な臨床技能を習得するという初期研修の理念に則った医師の育成を行う一方で、特に「総合コース」においては、幅広く、また多様な視点から医学的問題に対処できることを目標として自由選択期間を8ヶ月に設定し、将来の多様なキャリアデザインに対応しうる有意義な研修を提供することを目的としている。

【研修計画】

研修医は、各コースに定められた研修科目を2年間のうちにローテートする。基本研修(必修)科目は両コースに共通であり、1年次は臨床医学の基礎事項とならんで、医師にふさわしい礼儀・態度・患者やその家族との良好な人間関係の形成についても学ぶ。
臨床研修に先立って、看護の実態を理解し、実体験するため看護実習を行う。
内科は、必修科目の大きな柱であり、循環器、血液、腎/糖尿病内分泌、呼吸器、消化器、脳神経内科、総合診療の7分野のうち希望により6分野を選択する。どの病棟に所属しても専門領域のみを診るだけではなく、大きな内科全体の一分野として各分野の専門医の指導のもと内科全般について幅広く学ぶ機会がある。中でも総合診療分野(‘チームG’)では担当する各患者の問題点に対し総合的視点からアプローチする方法を学び、総合医としての素養を身につける。
外科では、1ヶ月の限られた期間の中にあって、その分行き届いた指導と、経験症例が多くなるような配慮をしている。
精神科では、当院および昭和大学附属烏山病院で、うつ病や統合失調症など主要な精神神経疾患を含め、精神問題を有する患者の診療技能の基礎について学ぶ。
麻酔科はgood riskの全身麻酔を主に、麻酔を通して全身管理や基本的手技について学ぶ。
産婦人科は山手メディカルセンターにて腫瘍、周産期、生殖・不妊を中心として産婦人科のあらゆる分野の診療を学ぶ。
自由選択期間を1ヶ月設け、主に総合コースでは当院開設時からの中心診療科のひとつである整形外科で、腰痛・骨折などプライマリケアにおいて重要な症候・疾患を学ぶ。
残る1ヶ月は‘プライマリケア研修’として、救急総合診療部に所属し、一般外来研修、一般救急診療および救急外来患者への対応に関する基礎的事項を学ぶ。

2年次においては、研修の幅を広げ、医療チームの一員としての役割を深く理解しながら診療を行って行けるよう配慮する。
「総合コース」では、自由選択期間8ヶ月(うち1ヶ月は1年次)の中で、全診療科の中から希望するものを選択し研修を行う。
「外科重点コース」では外科6ヶ月を必修とし、外科診療チームの一員として、さらに深く外科診療の技能を習得する。さらに2ヶ月(うち1ヶ月は1年次)を自由選択期間とし総合コース同様、外科を含む全診療科の中から関連の深い1~2科目を選択し研修を行う。ただし、各自の自由選択科目については、研修実施前に研修運営委員会及び同管理委員会において、それがプログラムの目標に合致するものであるか審査し、承認することとする。
この他、共通の必修として、2年次に救急総合診療部の研修を3ヶ月、地域医療を1ヶ月必修とする。地域医療では当院と病診連携を行っている近隣のクリニックまたはJCHO地域研修病院で研修する。小児科は国立国際医療研究センターで、周産期医療を含む小児科全領域の基本診療を学ぶ。

【協力型臨床研修病院】

昭和大学附属烏山病院(精神科分野)
東京山手メディカルセンター(産婦人科分野・放射線分野)
聖母病院(産婦人科分野)
国立国際医療研究センター(小児科分野)
千葉県こども病院(小児科分野)
埼玉県立小児医療センター(小児科分野)
河北総合病院(小児科分野)

【協力施設】

JCHO秋田病院(地域研修)
執行クリニック(地域研修)
新宿ヒロクリニック(地域研修)
コンフォガーデンクリニック(地域研修)
祐ホームクリニック(地域研修)

研修医プログラム.jpeg


 基幹型臨床研修病院

JCHO東京新宿メディカルセンター

 

協力型臨床研修病院

昭和大学附属烏山病院(精神科分野)

JCHO東京山手メディカルセンター(産婦人科分野)

 

協力施設(地域医療)

執行クリニック
新宿ヒロクリニック
コンフォガーデンクリニック
祐ホームクリニック
JCHO秋田病院
JCHO宇和島病院
 臨床研修ローテーション20190121

行える医療行為の基準

JCHO東京新宿メディカルセンターで研修医の行える医療行為の基準

当院における医療行為のうち研修医が指導医あるいは習熟した上級医の同席なしに単独で行ってよい医療行為の基準を示す。単独で行う場合でも事前に指導医や上級医と協議の上で慎重に行うことが望ましい。
地域医療研修での運用に当たっては各研修医療施設の実情に合わせて行っていただきたい。ここに示す基準は通常の診療における基準であって緊急時にはこの限りではない。

1)研修医が単独で行ってよいこと

  • 一般的な診察
  • 検眼鏡・耳鏡・鼻鏡・喉頭鏡検査、超音波検査、心電図
  • 末梢静脈穿刺、静脈ライン留置、動脈穿刺、皮下の嚢胞・膿瘍の穿刺
  • 皮膚消毒、包帯交換、創傷処置、気道内吸引、導尿、浣腸、胃管挿入
  • 一般的な注射、輸血
  • 局所浸潤麻酔
  • 抜糸、ドレーン抜去、皮下の止血、皮下の膿瘍切開・排膿、皮膚の縫合
  • 一般的な内服薬・注射の処方、理学療法の処方
  • 診断書・証明書の作成、ベッドサイドでの簡単な病状説明

2)研修医が習熟しているときのみ単独で行ってよいこと

  • 気管カニューレ交換、小児の採血・動脈穿刺、深部の応急処置としての止血
  • 経管栄養目的の胃管挿入

3)研修医が単独で行ってはいけないこと

  • 内診、膣内容採取、コルポスコピー、子宮内操作
  • 直腸鏡、肛門鏡、胃内視鏡、大腸内視鏡、気管支鏡、膀胱鏡
  • 血管造影、消化管造影、気管支造影、脊髄造影
  • ギプス巻き、ギプスカット、関節穿刺、関節腔内注射
  • 中心静脈穿刺、動脈ライン留置
  • 深部の嚢胞・膿瘍の穿刺、胸腔穿刺、腹腔穿刺、膀胱穿刺、骨髄穿刺
  • 腰部硬膜外穿刺、腰部くも膜下穿刺、針生検
  • 新生児や未熟児の胃管挿入
  • 脊髄麻酔、硬膜外麻酔
  • 深部の止血、深部の膿瘍切開・排膿、深部の縫合
  • 抗精神病薬の処方、抗悪性腫瘍薬の処方、麻薬の処方
  • 正式な場での病状説明、病理解剖、病理診断報告書の作成
 当院の研修プログラムはNPO法人卒後臨床研修評価機構による評価を受け、2019年3月1日付で同機構の定める基準を達成していることを認定されています。
JCEP20190407

NPO法人卒後研修評価機構:国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、臨床研修病院における研修プログラムの評価や人材育成等を行い、公益の増進に寄与することを目的とする第三者評価機構

 職員なら24時間利用できる図書室があります

  1. レジデントノートが冊子でも電子ジャーナルでも利用できます。
  2. 研修に必要なデータベース(UpToDate、ClinicalKey、今日の臨床サポートなど)が利用できます。
  3. 閲覧席が10席あり、落ち着いた学習環境が整っています。
  4. スマートフォンなどからでも、必要な図書・雑誌にアクセスできます。
  5. 検索方法などの講義が受けられます。
詳細は図書室のページをご覧ください。