診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

教育

看護部の教育方針

1.看護部の教育理念

 JCHO東京新宿メディカルセンターの看護理念に基づき、社会のニーズに応えられる専門職業人としての能力を高め、主体性・自律性・創造性のある看護が提供でき、さらに看護の実践に充実感・満足感がもてる看護師を育成する。
 

2.教育目的

ジェネラリストの育成を目的とする。
ジェネラリストとは、特定のスペシャリストを目指すものではなく、従事した領域で直接クライエントに対して質の高い看護サービスを提供することを志向する看護職者を言う。組織内の看護供給システムの改善に寄与し、その成果をクライエントに還元していく責任を負う。
看護部は、個々の学習ニーズと目標を尊重し、認定看護師や専門看護師などさらにキャリアアップを目指すものに対して、教育環境を提供し、自己実現に向けて支援する。

3.当院の目指す看護師像
 

1)医療チームの中で、自分の役割を認識し、義務と責任を果たしている。
2)相手の立場に立ち、相手を尊重して対応している。
3)専門的知識、技術、態度を身につけ、社会の変化に対応できるよう、専門職業人として自己研鑽に努めている。
4)他の医療チームメンバーとよい人間関係を保ち、相互に啓発しあう姿勢を持っている。
5)実践活動の場は、教育の場とも考え、常に研究的態度で望んでいる。
6)実践活動において、効率性、経済性を考慮し、物品や時間を有効に活用している。
7)実施した看護に対して常に評価を行い、質の向上に努めている。
8)厚生年金病院の看護職員としての誇りを持ち、自らの心身の健康保持、増進とともに、豊かな人間性、社会性が身についている。

4.看護師のキャリア開発


人は自ら成長意欲を持っており、自己の満足と他からの支持がさらに意欲を向上させる。また看護師は、患者関係や職業を通じて成長するものである。キャリア開発とは、この考え方を基本に個々が組織の目標を踏まえ、自己の能力、目標、ライフサイクルに応じて、臨床実践能力の向上に自ら取り組むことである。

臨床看護実践能力とは対象の健康上の問題を解決するために必要な以下の4領域で構成される。

看護実践対象の健康問題を的確に捉え、専門知識・技術を統合し、的確な判断のもとに、患者の状態に合わせたケアを実践する能力
教育専門職業人として主体性・自主性を持ち、質の高い看護サービスを提供できる看護師を育成する能力
管理より良い看護サービスを効果的に提供できるように、人・物・予算について、評価・修正を行い、各機能が最大限に発揮されるように整える能力
研究患者のニーズ、医療・看護サービスの変化に応じ、看護の質を向上させていくために研究に取り組む能力

 クリニカルラダーシステム


平成15年度から看護師個々が組織の目標を踏まえ、自己の能力・目標・ライフサイクルに応じて、臨床実践能力の向上に自ら取り組むためのシステムとしてクリニカルラダー(看護師臨床実践能力開発プログラム)を導入した。パトリシア・べナーの理論を基本に臨床実践能力の習熟段階を新人レベル I ~エキスパートレベル V の5段階とした。(1)看護師の教育的支援の基準、(2)看護師の学習ニーズ、仕事の満足度を高める、(3)教育的ローテーションの資料として活用することを目的としている。

5.看護部の継続教育


1)入職前の教育
診療補助行為において、新人看護師が過度な緊張や不安をもたずに安心して現場で働けるよう、入職前看護技術研修を実施している。注射、採血、点滴、抜針、褥瘡予防や管理法、感染予防技術などを学びながら、安全な看護技術の重要性と安全を守る意識を高めることが目標である。

2)新採用看護職員の教育
採用時に新人職員オリエンテーションで、組織の一員としての自覚を持ち看護専門職としての役割を理解し、心構えが出来るよう集合教育を実施している。また看護師としての適応を促し、自信をもって新しい役割が発揮できるように、そして早期に職場に慣れることが出来るようにするため、プリセプター制度を導入している。
新人看護師は採用後1ヶ月間看護部所属とし、内科系・外科系の病棟をグループでローテーションする臨床研修を行っている。臨床研修期間は各病棟の教育担当が集合教育とOJTが連動するよう研修内容を調整し行っている。配属は5月とし、プリセプター・教育担当者がOJTを中心とした教育指導を行う。
看護の基本的な知識や技術、態度については、到達目標を指導指針に基づいて設定し、集合教育を定例(1回/月)新人研修で実施している。研修の主な物は、看護診断と看護記録、安全の技術、安全管理、感染管理、看護診断、接遇、倫理、緊急蘇生、看取りのケア、ME危機管理などである。また1年間で習得すべき基礎的な看護ケア技術については、技術項目(58項目)を設定し支援している。この技術習得については、3ヶ月、6ヶ月で習得状況を把握し支援、必要時技術習得のための他部署研修(ICU・OPR・内科・外科等2週間)を実施している。

3)ジェネラリストを育成するための教育
クリニカルラダーを基盤として、ラダーレベル毎の受講対象を明確にした教育プログラムとし、個人のキャリアアップのための学習活動を支援している。年度初めに院内の教育計画の年間計画表を提示して受講希望を募る、個人の意欲・主体性を尊重した教育体制としている。また院外での教育・研修について情報提供し受講への支援、さらに看護研究や雑誌投稿、講演等の個人の業績への支援も実施している。

4)特定領域のスペシャリストを育成する教育
特定の領域における高度な看護実践能力の開発、維持、向上は重要なものであり、これらの教育課程に進む希望者には支援する方向である。特にクリニカルラダーレベル4以上の看護師で、当院での勤続が3年以上の場合は病院推薦としている。
2014年4月現在、重症集中ケア認定看護師2名、WOC認定看護師1名、がん性疼痛看護認定看護師1名、感染管理認定看護師2名、糖尿病看護認定看護師1名、緩和ケア認定看護師2名、手術看護認定看護師、訪問看護認定看護師の11名がそれぞれの領域で活躍している。


6.図書室

教育の一環として図書室を開設している。図書室にはヘルスサイエンス情報専門員資格を持つ司書が常駐し、看護研究・レポートの検索や指導、文献入手のサポートを行っている(詳細は図書室ページを参照)。

ピックアップ情報

専門学校

募集

  • 医師/看護師/その他
  • 研修医