診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

ブレストセンター

当センターは、乳がんを中心とした、乳腺疾患の患者さんのために設立されました。
病気に悩む患者さんが、より安心し、ご自身が納得できる最高の治療を受けられるよう、院内スタッフ一同で患者さんをサポートさせていただきたいと考えております。

当センターでは、乳腺疾患の患者さんを中心として、患者さんのさまざまな疾患にかかわる問題を多職種が連携することで円滑に解決することを目的としています。
昨今の乳がん治療の発展は目覚ましく、治療を取り巻く環境は大きく変わっています。さまざまな治療の選択肢があり、多くの専門家が協力して患者さんの診療にあたる必要があります。治療科という垣根を越えて、さまざまな意見を集約してこそ、よりよい治療がご提供できると考えています。
当院では、特色ある診療体制が確立されていて、これらを生かしつつ、さらに拡充していくことで、乳がん患者さんの不安や葛藤を根本から解決し、安心かつ安全で、体にも心にも優しい治療を提供してまいります。
 

ブレストセンター組織図

〇乳がん治療(手術、術前および術後薬物療法、放射線治療)
〇乳房再建(一次・二次再建)
〇乳腺炎等の良性疾患
〇検診の二次精査
〇セカンドオピニオン
〇手術、抗癌剤治療に対する不安や、治療全般のご相談(がん相談)
〇退院や、在宅医療支援(地域連携・総合相談センター)

★ 乳癌検診については、当院別館2階の健康管理センターで承っております。


必要な検査を、可能な限り迅速に行い、結果を丁寧にご説明いたします。


マンモグラフィ

当院では最新の撮影装置を導入しており、通常の乳房撮影に加え、乳房断層撮影が可能となっています。これにより、通常の撮影では指摘の難しい病変の診断をすることが出来ます。
ブレストセンターマンモグラフィ

超音波診断装置

高精細な超音波診断装置により、乳房内の微細な病変が描出可能です。超音波画像の下に、針生検を行い、診断を確定させています。
ブレストセンター超音波

CT撮影装置

当院では80列多検出器CTを備えております。
詳細な画像を短時間で撮影でき、術前の遠隔転移診断等に非常に有効です。
ブレストセンターCT

 乳がんの手術


乳がんの手術には、「乳房に対する手術」と「リンパ節に対する手術」があり、当院では同日に行っております。

乳房に対する手術


1.乳房全切除術

乳房の皮膚の一部、乳頭乳輪・脂肪・乳腺を全部摘出する、いわゆる「全摘」手術です。
胸の筋肉は残るので、胸がえぐれることはありませんが、乳首のない平らな胸になります。
がんの取り残しが少なく、同じ側の乳房の新たながんを防ぐことができます。
しかし、乳房がなくなることや傷が大きく残ることがデメリットです。

<この手術の適応になる方>
  • がんの大きさが大きい方
  • がんが広く広がっている方
  • がんが乳房内に多発している方
  • 乳頭に近いところにがんができた方
  • 乳房再建を希望される方(乳頭乳輪を残す手術もありますが、可能かどうかはお一人お一人状況が違うので主治医と相談が必要です。)
  • 部分切除術を受けられた後に放射線治療を受けることが困難な方
  • 遺伝性乳がんの可能性があり、リスクが高い方
  • 乳房温存術を希望されない方
  • 乳房温存術を行うと、反対の乳房と大きさのバランスが極端に異なってしまう方 など

乳房切除術を行った方は、『乳房再建術』のオプションがあります。
失った乳房を自分の背中やお腹の筋肉・脂肪で形作ったり、人工物(シリコンインプラント)で豊胸します。乳がんで乳房切除術を行う方は乳房再建を保険診療で行うことができます。
当院には乳房再建を専門とする形成外科医が在職しますので、気軽に相談でき、がんの手術と同時に再建手術を行うことができます。

2.乳房温存術(部分切除術)

乳房の中でがんの部分とその周りの正常な部分を一定範囲切除する手術です。
がんの部分とともに脂肪・乳腺を切除します。皮膚も一部切除することがあります。
がんの大きさがおおむね3cm以下の限局した方が適応になります。(乳房の大きさやバランス、がんの位置によっては温存術が難しく全摘になります。受診していただいた際に、主治医より詳しくご説明いたしますので、ご相談下さい。
乳房の一部を切除しますが、胸のふくらみや乳首を残すことができます。
温存術は、残した乳房にがんが残っていないかがキーポイントになります。
手術後にがんの取り残しがないか顕微鏡の検査で確認します。予想以上にがんが広がっていた場合は再手術で全摘をする可能性があります。
目に見えるがんが無くても、手術後は傷が治った時点で残した乳房に放射線治療を行います。
放射線を当てることで再発を予防でき、全摘と同じ効果が期待できます。

<この手術の適応になる方>
  • がんの大きさが小さい(おおよそ3cm以下)の方
  • がんの範囲が限局していて、周りの乳管内に広がっていない方
  • 温存術をしても乳房の大きさのバランスが取れる方(体の中心寄り、頭側はバランスがとりにくく温存術はお勧めできません)
  • 温存術後、放射線治療(原則、外来通院で平日5日間5週連続)が受けられる方(当院には高精度放射線治療センターがあり院内で放射線治療を受けられるため、同一病院内で一貫してがん治療が行えます。)
  • がんの大きさが大きくても、手術前に抗がん剤治療を行うことでがんが小さくなり、温存術が可能になった方 など

お一人お一人状況が違いますので、主治医が詳しくご説明いたしますので、その際にご相談下さい。

リンパ節に対する手術


1.センチネルリンパ節生検

手術前の検査で、リンパ節転移がないと判断された場合、センチネルリンパ節生検を行います。
がん細胞がリンパの流れにのりリンパ管を通って最初にたどり着く「節(ふし)」(リンパ節)をセンチネルリンパ節と言います。このリンパ節を手術で摘出し、顕微鏡の検査で本当にリンパ節転移がないか判断します。転移が無ければ腋窩郭清は行いません。
1センチネルリンパ節生検.jpg
当院では、センチネルリンパ節生検は乳房の手術と同時に行い、手術中に病理医が転移がないか診断する迅速病理診断を行っておりますので、手術は一度で済みます。

2.腋窩郭清

手術前の画像検査や細胞診でリンパ節転移があると判断された場合、または手術中にセンチネルリンパ節に転移があった場合、腋窩郭清を行います。
わきの下から胸の筋肉へ向かって、脂肪の中にあるたくさんのリンパ節を一塊にして摘出する手術です。

患者さんの希望や気持ちを尊重しつつ、適切な治療法を提案し、一緒に治療を行います。

外来化学療法室

主に手術後の治療は外来で行います。
抗癌剤治療を行う場合は、化学療法室という専用のスペースでお受けいただきます。
抗癌剤治療には、不安も多いと思いますが、リラックスできるスペースで、安全に行えるよう、環境を整えております。
ブレストセンター外来化学療法室

乳房再建 (形成外科)

乳房再建は、手術を行うタイミング、方法など、ご自身の希望やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。再建することで再発が増えたり、再発の診断に影響することはありません。そして基本的にどの再建方法も健康保険の適応となります。さらに、乳房の膨らみを形成した後、乳頭・乳輪を再建します。
乳房再建は、失った乳房の膨らみを取り戻すとともに、仕事や子育て、生きがいとしていた趣味など、自分らしい生き方をも取り戻す、「心の再建」だと考えています。
お話を聞くだけでも構いませんので、ぜひ一度、形成外科外来を受診下さい。
ブレストセンター形成外科

 放射線治療 

乳房温存手術後の照射から骨転移や脳転移といった転移性に対する放射線治療まで幅広く行っております。
ブレストセンター放射線治療

 

スタッフ紹介

乳腺甲状腺外科

乳腺甲状腺外科スタッフ紹介はこちらです。

形成外科

形成外科スタッフ紹介はこちらです。

放射線治療科

放射線治療科スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医表

乳腺甲状腺外科

乳腺甲状腺外科外来担当医表はこちらです。

形成外科

形成外科外来担当医表はこちらです。

放射線治療科

放射線治療科外来担当医表はこちらです。