診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

病理診断科

診療内容

実際の業務

病理診断には以下のようなものがあります。

  • 細胞診断
  • 生検組織診断
  • 手術で摘出された臓器・組織の診断
  • 手術中の迅速診断
  • 病理解剖

細胞診断

 肺癌や膀胱癌では、痰や尿の中にがん細胞が混じることがあります。痰や尿を顕微鏡で調べてがん細胞がいるかどうかを判断するのが、細胞診断です。その他、子宮頸部や体部から細胞をこすりとってがんなどの腫瘍細胞や、のどや乳房などにしこりがあると、細い針を刺して、細胞を吸引し腫瘍細胞がいるかどうかを調べたりします。
当病院には5名の細胞検査士がいて、一人の患者さんの検体について2名がスクリーニングをし、病理医が最終判断を行っています。

生検組織診断

 発見された病変の確定診断と治療方針の決定のために、胃・大腸や肺の内視鏡検査を行う際に病変の一部をつまみ採ったり、皮膚などにできものができたときに病変全体あるいは一部をメスなどで切り取ったりして、組織を標本にします。この検査を「生検」といい、その診断を生検組織診断とよびます。特にがんなど悪性腫瘍では治療方針に大きく関わるため、質の高いチーム医療に貢献するため、適切で迅速な診断を目指し、標本の作製方法など様々な取り組みを作っています。

患者さん(患者さん)
最近胃の調子が悪いから、検査受けてみよう。
患者さん(内視鏡検査)
内視鏡検査で、潰瘍か腫瘍か判断が難しいといわれてしまった。
患者さん(病理医)
うーん。細胞異型はあるけど、再生性の異型で、がんではない。
患者さん(主治医)
病理医の診断は「潰瘍」で、「がん」ではありません。手術の必要はありません。少し、お薬で様子をみましょう。

手術で摘出された臓器・組織の診断

摘出された臓器・組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を必要な数だけ切りとります。国家資格をもつ臨床検査技師がこの臓器・組織の顕微鏡標本をつくります。病理医が標本を顕微鏡で観察し、病変がどのくらい広がり、進行しているか、また手術でとりきれているかどうかなどの判断をし、さらにがんの場合、がんの種類やタチの悪さ(組織型など)や転移の有無など、治療方針に役立つ情報を臨床医に提供します。診断の難しい腫瘍の場合は、専門性の高い病理医と標本を共有して質の高い診断ができるようしています。

手術中の迅速診断

 病変の部位などの関係で、生検が難しく、手術前に病理診断ができない場合、「術中迅速診断」を行います。術中迅速診断では、手術中に採取された病変組織を迅速に標本にし、おおよそ20分以内に病理診断を行います。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。乳房癌などは、部分切除される場合が多く、切除された組織の断端にがん細胞がないかどうかを調べるときにも、術中迅速診断は役立ちます。

病理解剖

 治療の甲斐なく、不幸にも病死された患者さまのご遺体を、ご遺族の承諾のもとに、解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検ともよばれます。生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどのくらいあったのか、直接の死因は何だったのか、などに対して、すこしでも答えを見出すために行います。事故や犯罪がからむ法医解剖や医学生の教育のために献体していただく系統解剖とは異なるものです。病理解剖の報告書は、ご遺族のご希望があれば開示しています。
当院の病理解剖例では死亡時画像病理診断(Autopsyimaging)も同時に行い、画像診断の面と臓器の顕微鏡レベルの診断をあわせて評価することで、より高いレベルの死因究明を行い、医療の貢献を目指しています。
当院では、貴重な知識、経験の共有のため月一回のペースで病理解剖例のCPC(clinical pathological conference)を行っています。

スタッフ

常勤病理医1名(スタッフ紹介参照)、臨床検査技師および細胞検査士の資格をもった技師5名(女性2名、男性3名)で運営されています。

メッセージ

病理診断科より患者さまへ

病理診断とは

病理診断とは、患者さまの病変から採取された材料(細胞や、組織)を、顕微鏡で観察し、病理学の知識や手法を用いて病変部の病理学的診断名を決定する医療業務です。患者さまが病院を受診すると、診断のためにいろいろな検査が行われます。多くの場合、血液あるいは尿検査、ときに放射線検査で診断がつき、適切な治療がなされますが、病気の種類によっては、確定診断のために、患者さまの体から細胞あるいは組織を採取する必要が生じます。これを顕微鏡で観察し診断するのが「病理診断」で、この病理診断を専門とする医師が「病理医」です。病理診断の結果により治療が選択され、また治療効果判定を目的としている場合もあります。

病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。病院に病理医がいることで、主治医と連絡し、患者さまの状態をふまえた、より個別化された診断が迅速に、より良質の医療を提供することにつながります。

病理診断は、平成20年度診療報酬表改訂において独立した項目となり、また前後して医療法における標榜科(医療機関が広告できる科名)に「病理診断科」が認められることになりました。これからの病理診断の意義に基づいた措置です。

研修を希望される研修医のみなさまへ

各科研修プログラムはこちらです。

取り扱う主な疾患

診療実績

年度別病理件数


診療内容2004年2005年2006年2007年2008年
組織診件数45054312420540114244
細胞診件数65426059594157675946
迅速診断件数111172149163133
解剖体数5533402939
剖検率14.8%7.9%9.5%10.2%9.3%
 
2009年2010年2011年2012年2013年2014年
424542264081401139243989
611463355908576755185645
153161164163177157
1727382923 
3.9%10.1%11.9%10.2%7.5% 
 
 
 

臨床指標はこちらへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

ピックアップ情報

専門学校

募集

  • 医師/看護師/その他
  • 研修医