診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

外科

診療内容

診療体制  a.外来診療

月曜から金曜まで2~3人の医師が担当しています。外来担当表を参照してください。また医師の専門分野などはスタッフ紹介の項をご覧ください。
初診の方は予約なしで受け付けます。他院から特定の医師宛の診療情報提供書をお持ちの方はその医師が担当します。特に医師の指名のない場合はこちらで担当を決めさせていただきます。担当医により待ち時間に差がありますが、ご了承ください。
再診の方は原則として予約制ですが、病状によってはもちろん予約なしでお越しください。予約は診療終了時、あるいは電話(14時から16時の間に外来あてに電話をください)でおとりします。
外来は初診や急患の方が予約の方の間に入り、予約の時間より遅れることがしばしば生じます。医師もできるだけお待たせしないよう努力しております。たいへん申し訳ありませんがやむを得ないこととしてご了承ください。
夜間、休日の急患の方は救急総合診療部で救急担当医と外科当直医が対応いたします。直接の来院も受け付けますが、できれば来院前に電話でお問い合わせください。

診療体制  b.入院診療

「主治医」と「担当医」との組み合わせで診療を受け持たせていただきます。「主治医」は部長または医長です。「担当医」は主治医と相談しながら実務を行う若手の医師(レジデント、研修医)です。治療の最終責任者は主治医ですが、いろいろな検査、治療や日常的な説明は担当医も行います。点滴などの処置は主治医、担当医以外の医師も交代で行います。
治療方針の決定、手術、手術後の管理、退院の決定などはすべて外科のチーム医療で行います。どんなことでも気軽にお問い合わせください。

メッセージ

JCHO東京新宿メディカルセンター外科のご案内

外科集合20110516

外科がとくに力を入れている診療は次の3つです。

  • ☆ がんの治療−東京都がん診療連携拠点病院の外科として、診断、手術から術後の管理、化学療法、緩和治療まで日本のトップをめざします
  • ☆ 腹腔鏡、胸腔鏡による手術−胆石症や消化器がん、肺がん、気胸などに傷が小さく、痛みの少ない治療を行います
  • ☆ 救急の外科

これ以外にも小さなケガ、ヘルニア、痔などの肛門疾患から大きな病気まで、JCHO東京新宿メディカルセンター外科のスタッフは総合病院として何でも診療する幅の広さと、それぞれの専門領域で日本のトップレベルの診療を行う奥行きの深さの両方を目標にかかげて努力しております。
このホームページに目を通していただき、どうぞお気軽になんでもご相談ください。

外科臨床研修を希望される方へ

卒後初期臨床研修医として毎年外科重点コース定員2名の採用を行っています(マッチングによります)。また、後期研修医(レジデント)を毎年2名前後採用しています。
外科臨床のトレーニングを希望される方はこちらの外科研修プログラムをご覧ください。外科が大好きで意欲ある方の応募をお待ちしています。

取り扱う主な疾患

1)がんの治療 

1.胃がん

日本では昔から最も多いひとつです。現在は「進行度に合わせた適切な治療」の時代と言えます。早期の段階で発見し適切な治療を受ければよほど運が悪くないかぎり治ります。進行していてもがんばって手術をうければ治ることの非常に多いがんです。
日本胃癌学会ではガイドラインを作成しており、当院でもそれに沿った標準治療を行っています。早期の胃がんには部位、大きさ、形、深さ、がんの組織分類によって内視鏡による切除(消化器内科スタッフがおこなっています)、腹腔鏡手術による切除、開腹手術による切除を使い分けます。進行したがんは取り残すことのないようにリンパ節を広く切除する手術を行います。胃の約3分の2を切る手術が多いのですが、がんの部位によっては胃を全部とらなければならないこともあります。切除後の食生活ができるだけ満足いただけるような再建手術をおこない、また栄養部との連携で食事栄養指導を行っています。

2.大腸がん

欧米では昔から多く日本でも増えており、当院の外科では手術数がもっとも多いがんです。やはり早期の段階では内視鏡による切除が可能ですが、手術が必要ながんは進行の程度、大きさ、部位に応じて腹腔鏡と開腹手術を使い分けます。大腸癌研究会が治療ガイドラインを作成しています。
部位により結腸がんと直腸がんに分けます。結腸がんの場合はあまり大きな問題はなく、おなかの中で腸をつなぐ手術ができます。直腸がんのときには「人工肛門」を心配される方が多いのですが、手術技術が進歩した結果、当院では80%以上の方には腸をつなぎ、人工肛門にならない手術を行っています。ただし、がんの部位によってはやむを得ず人工肛門になることはあります。人工肛門についてはストーマ外来できめ細かいケアをご説明いたします。
また、大腸がんは肝臓や肺に転移がおこってもあきらめずに治療をすれば治るチャンスがあります。手術と化学療法などの組み合わせで、肝転移切除の5年生存率は50%に近い成績をあげており、これは国内のみならず国際的にも誇れる成績です。患者さんと一緒に決してあきらめず、前向きに治療を行っています。

3.乳がん

日本の女性の乳がんも増加しています。乳がんはもっとも治療成績の良いがんのひとつです。消化器のがんとちがって触診だけで気がつくことも多いですし、精度の良いマンモグラフィーや超音波検査で早期発見が可能です。小さいうちに見つければ乳腺を全部は切らずに一部の切除(乳房温存手術)ですむことも多くなっています。また、センチネルリンパ節生検により、適切なリンパ節郭清を行います。
当院では健康管理センターや新宿区の乳腺検診を外科スタッフが担当し、ここで要精密検査となった方には外科の乳腺外来を受診していただいて診断・治療※をすすめています。もちろん乳がんが心配な方は直接外科外来を受診なさってください。
乳がん手術後のリハビリテーションを積極的に行っていることもわれわれの特色のひとつです。また乳がんは化学療法の良く効くがんですので、運悪く再発しても外来や短期間の入院で治療することでがんの進行をおさえることが可能です。

4.肺がん

日本でも欧米なみに増加し、もっとも多いがんの一つです。タバコが原因と考えられるがんもあれば、そうでないがんもあります。やはり原則は手術で切除することです。病変の部位に相当する肺の切除とリンパ節切除が基本です。
この分野にも内視鏡手術(胸腔鏡)が主流になりつつあり、当院でもできるだけ小さな傷で手術を行っています。手術後は痛みをできるだけ少なくし、痰をよく出していただき、あるいは気管支内視鏡で痰の吸引を行うなどの綿密な術後管理で、みなさん順調に回復されています。
また、この分野の診断や化学療法は当院呼吸器内科が担当しています。2014年4月から順天堂大学呼吸器外科(鈴木健司教授)の支援を得てこの部門を強化しています。同大学の肺がんの手術は日本でもトップクラスの手術数と手術の質を誇っており、当院のかかりつけの患者さんのみならず、広い地域の患者さんも十分な最善の治療ができます。月曜と木曜の午後に外来診療を行います。

5.肝臓がん

B型肝炎やC型肝炎などのウィルスがある方に発生しやすく、日本に多いがんのひとつです。肝臓がんの治療は(1)手術で切除(2)体外から針を刺し、エタノール注入やラジオ波でがんを消滅させる(3)下肢の付け根の動脈からカテーテルを入れ行う血管塞栓術 の3つが主な治療です。がんの部位、数、大きさ、肝臓の障害があるかどうかなどから判断し、消化器内科や放射線科と連携して(1)から(3)を組み合わせて最適の治療を行います。
(1)を外科が担当します。肝臓の手術というと出血が多く大変危険というイメージが先行しがちですが、手術技術や術後の管理の進歩で輸血することも少なく、安全に行っています。

6.膵臓、胆管、胆囊、十二指腸乳頭部がん

検診では早期発見しにくく、黄疸などの症状がきっかけになって見つかることが多いがんです。これらのがんも増加しています。また治療の方法が胃がんや大腸がんなどに比べてむずかしいことも特徴です。しかしながらきめ細かい手術に加えて新しい抗がん剤治療により治療成績が着実に進歩している領域でもあります。膵頭十二指腸切除や肝切除の大きな手術も当科では合併症も少なくみなさん元気に退院されています。

7.食道がん

手術の侵襲が大きく、患者さんに治療の負担をかけることが多いがんのひとつです。また「手術数が多い病院ほど合併症がすくなく、成績が良い」といわれるがんの代表といえます。最近では放射線治療、抗癌剤治療の組み合わせで成績も上昇してきています。スタッフはそれぞれ大学病院やがんセンターなどで治療に取り組んだ経験を生かし、術後の管理も綿密に行い、つねに最善の治療を志しています。鏡視下手術を導入し、小さな傷で痛みが少なく、早い回復が期待できます。

8.がんの化学療法(抗がん剤治療)

最近の抗がん剤の進歩には目を見張るものがあります。当院では消化器癌、乳癌に対しての化学療法を外科が担当しています。抗がん剤というとすぐに毛が抜ける、吐くなどの副作用を心配される方が多いのですが、確立した副作用対策を豊富な経験をもつ外科医が細心の注意をもって担当していますのでご安心ください。外来での日帰り化学療法と数日間入院しての短期入院化学療法があります。2008年6月に外来化学療法室が開設され、入院せずに行う治療が標準的となりました。繰り返す点滴治療を快適に行うために中心静脈ポートを留置して行うことが多くなっています。

9.手術後の診療について

どんな時にでも柔軟に対応できる総合病院として、手術、退院後の定期検診から、がんの補助化学療法、再発したときの対策、痛みを抑える治療や緩和ケアチームと連携した治療を行っています。外科で手術を受けられた方が不幸にして再発したからといって外科チームから他科や他院に移ることをお願いすることはありませんが、緩和病棟への入院を希望される方には当院の緩和ケア内科を紹介しております。また地域的なこと、病状から他院への転院が必要な時はがん相談支援室と連携して適切な病院や施設をご紹介しています。初診から一貫して、責任をもって診療することがわれわれの義務であり、誇りでもあります。担当医にはなんでも質問、意見をのべていただき、信頼できるがん治療を行っていきたいと考えています。

2) 腹腔鏡・胸腔鏡手術

腹腔鏡手術

1990年代から外科の手術は大きな転換期を迎えました。それはいままでの大きな切開による手術と違う、腹腔鏡(腹部手術)、胸腔鏡(胸部手術)を使った小さな創による手術の登場でした。この手術はまず胆石症に対する胆嚢摘出術から始まりました。 胆石症はとても多い病気です。それまでは小さくても8cm程度の切開による開腹で胆嚢をとる手術をおこなっていましたが、現在ではおよそ90%の手術に腹腔鏡の手術を行っています。多くは4~5ヵ所の穴で行いますが、条件の良いときは1ヶ所の穴(単孔式)でできることもあります。

胆石の他、以下のような手術にも腹腔鏡、胸腔鏡を積極的に用いています。

  • 食道、胃や大腸のがん、良性腫瘍
  • 十二指腸潰瘍の穿孔による腹膜炎
  • 脾臓の摘出
  • アカラジア(食道拡張症)や食道裂孔ヘルニア
  • 癒着による腸閉塞 
  • 虫垂炎
  • 両側や再発のそけいヘルニア 
  • 自然気胸 
  • 肺がん
  • 直腸脱

この手術の利点は 1.キズが小さい 2.このため術後の痛みが少ない 3.痛み止めの使用が少ない 4.早期から動くことができる 5.腸管の動きなどの回復も早い 6.これらの結果、早期に退院できる 7. 手術後の癒着による後遺症がすくない などです。 早い方は手術後3日目に退院される方もいます。

この他の病気にも今後も腹腔鏡、胸腔鏡手術がどんどん取り入れられていくことでしょう。ただし、こういった疾患のすべてが可能なわけではありません。胆石症でも炎症や癒着が高度のとき、以前に手術を受けている方などは開腹手術でないと不可能なことがあります。また、胃や腸の切除は開腹手術より時間がかかるのが普通で、進行したがんには不可能なことも多くあります。また進行大腸がんに対する成績が開腹手術に劣らないかどうかは現在全国的な臨床試験の結果を待つ段階です。
みなさまの病気に腹腔鏡や胸腔鏡の手術を行うかどうか、担当医の説明を十分にお聞きになり、相談の上で手術をお受けください。

3) 救急の外科

外科では救急当直を行っています。休日、夜間でも救急部に遠慮なくお問い合わせください。直接の来院、救急車での来院、開業クリニックの先生からの紹介、他病院からの紹介などいずれも受け付けています。もちろん通院中の方が具合悪くなった時も受け付けていますし、院内の他科に入院中の方が外科救急疾患にかかったときは外科医がすぐに病棟に参ります。
救急部あるいは直接外科医あてにご連絡ください。
外科で扱う救急疾患には次のようなものがあります。
 

  • 外傷(体表面のケガから胸部、腹部内臓の損傷までいろいろです。骨折は整形外科が受け付けます)
  • 虫垂炎(俗にいう「盲腸」です)
  • ヘルニアかんとん(引っ込まなくなったヘルニア)
  • 胆嚢炎(胆石が原因のことが多い)
  • 腸閉塞(手術後の癒着やがん、ヘルニアなどによります)
  • 胃十二指腸潰瘍、小腸や大腸の穿孔(腹膜炎の手術です)
  • 胃十二指腸潰瘍、腸の出血(多くは内視鏡、絶食、薬物療法で止血できますがどうしても出血が止まらない時です)
  • 気胸(とりあえず胸にチューブをいれ、準緊急的に対処します) 
  • その他いろいろな原因による腹膜炎など

4) 肛門の疾患

痔をはじめとして、肛門部に生じる不快な症状はおもに外科で診療しています。一口に痔といってもさまざまな病気の形があります。肛門という繊細な部位だけに個人個人のご様子に的確に対応いたします。 

よく見られる痔疾患には次のようなものがあります。

内痔核、外痔核

立ち仕事、排便時の圧力、妊娠など肛門部に力がかかり静脈がうっ血することなどから慢性的に腫れてくるものです。「いぼ痔」といわれるものは脱肛といって排便時などに腫れが外にでてきてしまい、意図的に押し込まないと戻らなかったりします。痔核の表面がただれたり、切れたりすると排便時に出血し、紙についたり、便器にポタポタ垂れたりします。初期には軟膏、坐薬や肛門部を清潔に保ったり、排便に時間をかけないようにしたりすることで改善しますが、脱肛や出血がひどいときは手術の方がすっきりするかもしれません。また、飲酒などの後に急に肛門が腫れて痛くなる、外痔核血栓という病気もあります。いずれも必要なときには程度に応じて外来で手術したり、短期入院で手術を計画します。

痔瘻、肛門周囲膿瘍

肛門のまわりが腫れて膿をもつと痛み、発熱が生じます。これを肛門周囲膿瘍といいます。自然にやぶれて膿がでると症状は治まりますが、膿が少しずつ出続ける状態を痔瘻といいます。また、やぶれずにどんどん腫れると病院で切開して膿を出さなければ痛みは治まりません。切開して膿を出した場合も痔瘻として残ることが多くあります。痔瘻が完成すると膿がおさまってもいつの日かまた腫れて膿が出ることの繰り返しになります。このようなときは手術で再発のないようにします。

裂肛

いわゆる「切れ痔」にあたります。痔核はたいしたことはないのに、便が硬いなどの理由で排便時に肛門の出口が裂けて出血します。このキズは治りますが、その後同様に裂けて出血を繰り返すと、慢性的にキズが残りひきつれるため肛門がやや狭くなります。こうなると出血ばかりでなく、排便時に痛みを伴います。これに対してはいろいろな手術方法が工夫されています。

直腸脱

直腸脱は、直腸が肛門の外に落ちてきてしまう状態です。ひどくなると排便後だけでなく歩行時にも脱出し、出血や排便障害(便秘など)の原因にもなります。高齢女性に多くみられ、加齢とともに病状は進行します。直腸を支えている組織が緩んだり、肛門のしまりが悪くなることが、脱出の原因です。多くの場合、手術が必要です。手術は大きく分けて、お尻側から行う経会陰手術と、お腹側から行う経腹手術の二つの方法があります。前者は、主に下半身麻酔で行われ、手術侵襲が少ないという利点がありますが、再発しやすいのが欠点です。後者は、全身麻酔や開腹(お腹を切り開く)が必要となるため身体への負担が大きくなりますが、再発しにくいという利点があります。当院では、少しでも患者さまの負担を軽減させ、傷を少なくするために腹腔鏡を利用した手術(腹腔鏡下直腸固定術)を行っており、とてもよい成績を残しております。

このほか肛門のポリープ、膿皮症、毛巣洞などいろいろな病気があります。おしりは繊細な部位だけに治療もきめ細かく行う必要があります。病院は病気を治して快適になるように治療するところですから、恥ずかしがらずになんでもご相談ください。また「出血して痔だろうとタカをくくっていたら直腸がんだった」ということもありますから、まずは診察をうけましょう。

5) いろいろな良性疾患

以上の項目に属さない良性疾患もいろいろです。例えば−

そけいヘルニア

こどもからおとなまで非常に多い病気です。病院によっては「日帰り手術」で治療するところもありますが、当科では短期間入院で手術を行っています。おとなには原則として合成樹脂でつくられたメッシュシートを用いた補強手術を行なっています。 症状に応じて、腹腔鏡手術も積極的に行っています。

下肢の静脈瘤

足に静脈が浮き出てくる病気です。軽症なら放置、あるいは弾性ストッキングなどで様子を見ますが、症状が強いときは手術を行います。

甲状腺腫

のどぼとけのところにある甲状腺にしこりができるものです。がんであってもかなり見通しは良いものです。良性でも大きなものは手術をお勧めします。

良性の乳腺腫瘍

線維腺腫とよばれるものが代表的です。また乳腺症といって乳腺自体が硬くなることや嚢胞という水の溜まりなど、しこりとして触れるものは多く、がんではないかと心配される方が多いものです。超音波検査などで診断がつき、ほとんどは入院せずに外来で手術可能です。

胃や大腸のポリープなど、がんではない腫瘍性病変

消化器内科の内視鏡グループと連携して内視鏡による切除を行っています。大きいものは腹腔鏡の手術で切除を行います。切除の必要ないものは年1回くらいの検査で経過を追うことも可能です。

潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患

やはり消化器内科と連携しながら治療を進めます。薬物療法、栄養療法を基本としますが、難治性の場合には手術が必要になります。

アテローム、脂肪腫などの皮下の腫瘤

ほとんどが良性のしこりです。ふつうは外来手術で切除できますが、大きいものは麻酔の関係で短期間の入院が必要になることもあります。

 

診療実績

外科の診療実績として代表される手術数を示します。
2004年~2013年の10年間の総計は6933件でした(年間平均693件)。
主な疾患の手術件数は以下の通りです。

がんに対する手術の合計は2428件、腹腔鏡手術の合計は945件、救急手術の合計は1155件でした。

2004年1月~2013年12月

診療内容件数
胃がん405
大腸がん820
乳がん 369
肺がん(原発性・転移性)152
肝臓がん(原発性・転移性)167
膵臓、胆管、胆囊、十二指腸乳頭部がん157
食道がん48
がん再発に対する手術324
胆石・胆嚢ポリープなど788
虫垂炎502
胃十二指腸潰瘍穿孔84
腸閉塞146
気胸104
肛門疾患(内痔核、痔瘻など)330
ヘルニア(そけい、大腿、腹壁など)1043

臨床指標はこちらへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

特殊外来

セカンドオピニオン外来

東京都がん診療連携拠点病院として、他院で治療中の方のがんのご相談を随時受け付けています。疾患別の担当医は次の通りです(スタッフ紹介の項も参考になさってください)。

胃がん根岸
膵がん、胆管がん、胆嚢がんなど山形
大腸がん
肺がん王、今清水

がん相談支援室、外科外来あるいは直接医師あてのご連絡などでお申し込みください。医師の予定に応じて通常の外来や手術などと重ならない時間帯に来ていただくようにいたします。
もちろん当院で治療中の方が他院でのセカンドオピニオンを希望された時にも情報提供書を作成いたします。お気軽にご相談ください。

ストーマ外来

ストーマを保有される皆さまの皮膚トラブルや日常生活上お困りのことなど、退院後、元の生活に少しでも早く復帰できるよう、ご相談にのっています。

担当者:皮膚・排泄ケア認定看護師

時間:月曜日 14時〜16時 その他、主治医の受診に合わせ適宜調整いたします

予約:外科外来または泌尿器科外来にお願いします

ピックアップ情報

専門学校

募集

  • 医師/看護師/その他
  • 研修医