診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

皮膚科

診療内容

皮膚科一般診療 乾癬の専門外来もあります

皮膚表面から脂肪組織までの頭の先から足の先までの(毛髪、爪を含む)ほとんどの疾患を診療しています。乾癬の専門外来では、外用治療があまりきかない乾癬の患者様に、生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ、ステラーラ、コセンティクス、ルミセフ)のやナローバンドUVB照射の治療を行っています。種々の選択肢のなかから最良の治療を検討いたしますので、ぜひご来院ください。当院では複数科で多種類の生物学的製剤の投与を行っており、副作用への対応経験も豊富ですので、安心して受診いただけると考えています。
皮膚症状から診断をつける全身疾患(皮膚筋炎、強皮症などの膠原病やサルコイドーシスなどを含む)も院内各科と連携を取りながら診療しています。

検査ではパッチテストや皮膚生検などが可能です。準備する必要がありますので、予約で施行しています。いったん受診していただいて、検査の予定を組ませていただきます。手術は良性腫瘍、悪性腫瘍、陥入爪などの手術を行っています。
また、腋窩多汗症に対してボツリヌス療法を行っています。自費診療とはなりますが、男性の薄毛に対してプロペシアの投与も可能です。
 

機器の紹介

全身照射型のナローバンドUVB照射器で光線治療をしています。乾癬、類乾癬、皮膚悪性リンパ腫、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などに有効で、全身的な副作用がないことが大きな利点です。

炭酸ガスレーザー照射器で、色素性母斑(ほくろ)、脂漏性角化症(老人性いぼ)などを除去しています。施術後の縫合、抜糸が必要なく、短時間で行えます。

hihu120160121    hihu220160121
         ナローバンドUVB           炭酸ガスレーザー照射器

メッセージ

ごあいさつ 乾癬の生物学的製剤治療薬として、ルミセフを導入しました。

地域の皆様に安心してご来院頂ける皮膚科を目指し、スタッフ一同丁寧な診療を心がけます。乾癬の専門外来を木曜午前に、光線外来を水曜午後に新設しました。患者さまのご受診をお待ちしています。

研修を希望される研修医のみなさまへ

各科研修プログラムはこちらです。

取り扱う主な疾患

皮膚科で扱う主な疾患

ほぼすべての皮膚疾患を扱います。乾癬、湿疹、アトピー性皮膚炎、痤瘡(ニキビ)、脱毛症、疣贅(イボ)、足白癬(みずむし)、爪白癬(つめみずむし)などの外来加療を行う疾患から、帯状疱疹、蜂窩織炎などの入院加療を必要とする皮膚疾患に加えて、各種皮膚腫瘍(できもの)や、膠原病、水疱症、皮膚悪性リンパ腫などを診療いたします。

診療実績

手術実績

診療内容2012年度2013年度2014年度
皮膚良性腫瘍709682
皮膚悪性腫瘍122418
生検174
その他の手術(植皮術・陥入爪など)251711

乾癬の生物学的製剤使用

 2012年度2013年度2014年度
レミケード455
ステラーラ466

臨床指標はこちらへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

特殊外来

乾癬外来・光線外来の2つの特殊外来を設けています。

乾癬外来

乾癬は全身の皮膚に赤くカサカサした局面が多発する病気です。爪の陥凹、混濁がみられたり、関節症状を合併することもあります。本邦では近年、乾癬の患者様が急増しています。乾癬外来では木曜日午前に、神田が乾癬の患者さまを診療します。個々の患者さまの重症度と生活スタイルにあった治療(外用、内服、光線治療、生物学的製剤など)を提供します。生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ、ステラーラ、コセンティクス、ルミセフ)の治療は外来及び化学療法室で行います。関節症状のある患者様はリウマチ科と連携して治療しています。
乾癬外来は予約制をとっていますので、基本的には午前中の皮膚科の一般外来を一度受診していただいてから、予約を入れる形になっています。当院が遠方の方はお近くの医療機関と連携しながら、必要なときのみ当院を受診していただき、治療をすることも可能です。地域の医療機関の先生方も、乾癬の患者様をぜひ当院にご紹介ください。
 

光線外来 

水曜午後13:30~15:30に、乾癬、類乾燥、皮膚悪性リンパ腫、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、などの患者さまに、全身照射型のナローバンドUVB照射器で光線治療をしています。外用や内服治療だけで治りにくい発疹やかゆみを減らす効果があります。
 
いずれの専門外来も予約制をとっていますので、初診の方は午前中の外来(11時30分まで受付)を受診して下さい。

水曜午後に開設していた、いぼ外来、学童外来は、2月末で終了となりました。今後、疣贅(いぼ)、鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ)、軟属腫(みずいぼ)の処置は、、午前の一般再来で行います。