診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

放射線科

診療内容

1.画像診断領域

一般撮影装置(CRシステム)、X線透視装置(フラットパネル装置を含む)の他、MRI装置2台(共に1.5T高磁場装置)、CT装置2台(80列および16列多検出器CT:心臓冠動脈CT可能)、血管造影装置2台(心臓カテーテル用及び頭部・全身用)、乳房撮影装置、骨密度測定装置等が設備されています。すべての画像に於いてフィルムレス化されており、各科外来及び病棟に画像配信しています。CT及びMRIを中心に放射線科専門医によるレポート作成及び電子カルテ上への配信も行っており、迅速かつ正確な診断を心掛けています。
肝癌治療を主とした血管内治療も行っています。

2.核医学検査領域

核医学検査とは、少量のラジオアイソトープを体内に投与し、高感度に病変部を検出する事の出来る検査です。装置は二検出器ガンマカメラに加え、核医学コンピューター断層装置(スペクト装置)が設備されており、脳血流検査や心機能検査も非浸襲的に行えます。

3.放射線治療領域

X線治療装置(リニアック)と治療計画専用のCTを装備しており、病変部照射の為の正確な位置決めと線量設定を実現しています。又、病変部に集中的な照射を行う原体照射により、病変部以外への被曝量を軽減しています。

多発性骨転移による、がん性疼痛緩和に有効なメタストロン(ストロンチウム89)治療

メタストロン(89Srストロンチウム)治療

骨転移によるがん性疼痛を緩和するためのメタストロン(ストロンチウム89)治療を行っています。 静脈内に注射した放射性医薬品メタストロン(ストロンチウム89)が、骨転移部に特異的に集まることで除痛効果を得ることができます。 一回の注射で、全身の骨転移による疼痛を緩和できるのが特徴です。 この治療を安全に受けるためには、血液データ、既往症等においていくつかの条件があります。 また、放射性医薬品(ベータ線)を使用する為、治療中は生活上の注意点がいくつかあります。
詳しくは放射線内用治療外来を受診してください。

※ この治療は現在、外来患者さまのみ対象となります。

メッセージ

画像診断、核医学検査、放射線治療の各領域で、高度な放射線医療を提供する為のハードウェア、ソフトウェアが充実しています。
的確な診療情報を提供するだけでなく、患者さまが安全かつできるだけ快適に検査を受けていただけますよう放射線科職員一同努力しております。
当院では、画像診断機器をより多くの患者さまにご利用していただけるように、近隣医療施設からのCTやMRI、核医学検査の共同利用を促進しています。

研修を希望される研修医のみなさまへ

各科研修プログラムはこちらです。

取り扱う主な疾患

診療実績

主な検査・放射線治療の件数

診療内容件数
一般撮影約5,500件
血管造影約480件
CT約13,500件
MRI約7,900件
乳房撮影約2,100件
核医学検査約600件
放射線治療

約165件
(約200部位)

共同利用約930件
読影件数 (健診読影分を除く)約22,000件

臨床指標はこちらへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

特殊外来

放射線内用治療外来

この外来では、主に「甲状腺機能亢進症に対するヨード131療法」、「がんの骨転移からの痛みに対するストロンチウム89療法」を行います。
「甲状腺機能亢進症に対するヨード131療法」は、世界的にみれば抗甲状腺薬(メルカゾール、チウラジールなど)内服療法と並ぶ標準的な治療のひとつであります。確実に甲状腺機能を低下させ、長期間の寛解を得ることができることから、甲状腺薬で甲状腺機能が十分にコントロールできない患者さま、副作用などで同薬の服用が困難な患者さまに対して適応があります。
「がんの骨転移からの痛みに対するストロンチウム89療法」は、非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)や麻薬でも十分に軽減されない骨転移の痛みに対して適応があります。

診察日  毎週木曜日 14:30
担当医  放射線治療科部長 黒﨑 弘正
予約受付 JCHO東京新宿メディカルセンター 地域連携・総合相談センター
電話番号 03−3269−8115(直通)
受付時間 月曜日〜金曜日 8:30〜17:00
*予約なしでも診察はいたしますが、可能な限り予約をお願いします。

 

陽子線治療外来

この外来では筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター/同 放射線腫瘍科と連携して、陽子線治療の相談を中心とした外来を行っております。陽子線治療は放射線の中でもっとも線量分布が良くすることができ、より高いがんの局所制御・より副作用の少ない治療が行えます。
(実際の治療を行う場合はつくば市天久保2-1-1 筑波大学附属病院にておこないます。)

診察日 毎週木曜日 14:00 15:00
担当医 放射線治療科部長 黒﨑弘正
予約受付 JCHO東京新宿メディカルセンター 地域連携・総合相談センター
電話番号 03-3269-8115
予約時間 月曜日~金曜日 8:30~17:00