診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

形成外科

診療内容

目立たない手術瘢痕

皮膚の内側を吸収糸で縫合(真皮縫合)し、外側をナイロン糸で縫合し目立たない傷跡にします。
黒子(ほくろ)・いぼ・腫瘍(粉瘤・脂肪腫・耳下腺腫瘍など)の手術に限らず、ほとんど全ての手術で基本的に真皮縫合を用いた丁寧な皮膚縫合を行っています。

外傷

切り傷や擦り傷ばかりでなく、手足の重度の外傷(骨折・腱や神経の断裂・指切断)も扱っています。熱傷(やけど)や皮膚欠損創の植皮および顔面骨の骨折も形成外科で治療しています。

先天異常

口唇裂・小耳症・手足の先天異常・臍ヘルニア(でべそ)などを治療しています。

ご存じですか? 保険で治療できます

腋臭症(わきが)は保険適応です。真性包茎も保険で治療できます。
血管腫(赤あざ)のレーザー治療は現在行っておりません。

自由診療(自費)も行っています

keisei2010.9.16.jpg
最新型のALEXLAZRTM
(Q-スイッチドアレキサンドライトレーザー)
を用いた「シミ取り外来」を行っております。

シミ取り治療

内服薬、シミ取りクリームおよびレーザーによる治療を行っています。
本年度は新しいQスイッチレーザーによる治療を予定しています。予約制です(火曜日 14:30~16:30)

メッセージ

形成外科をご存じですか

形成外科と整形外科はどう違うのですか?という質問を時々受けます。大まかに言えば、全身の皮膚・ 脂肪・筋肉などの軟部組織を主に扱うのが形成外科、全身の骨・関節を主に扱うのが整形外科です。 形成外科ではさらに顔面骨骨折や、手足の骨折、切断指などの骨に対する手術も行っております。つまり形成外科は「皮膚の外科・顔の外科・手の外科」を行っております。取り扱う疾患や診療実績の項をご覧ください。自費診療で、シミ取り外来も行っています。

研修を希望される研修医のみなさまへ

各科研修プログラムはこちらです。

取り扱う主な疾患

診療実績

昨年度(2009年)の治療実績

診療内容件数
新患数1,010名
手術件数 373件

手術件数 5033件(1997.5~2009.12)

診療内容件数
腫瘍皮膚腫瘍1,210件
軟部腫瘍1,242件
骨腫瘍49件
悪性腫瘍58件
嚢腫283件
瘢痕・ケロイド260件
先天異常(唇裂・小耳症・多指症他)124件
褥瘡・潰瘍・壊死140件
顔面(外傷・後天性眼瞼下垂他)189件
腋臭症・多汗症108件
躯幹(乳房再建・臍ヘルニア・包茎他)154件
四肢(外傷・マレット変形・陥入爪他)1,210件
デュピートレン拘縮50件
腱鞘炎93例
外反母趾26件

臨床指標はこちらへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

特殊外来

セカンド・オピニオン外来

当院以外の施設で形成外科手術を予定している方で、治療法に不安をお持ちの患者さんの相談をお受けします。
診療時間 15:30~16:30(火)
予約制です。