診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

産婦人科

 診療科

 産婦人科は女性の一生と新たな生命の誕生をサポートする女性生涯医療の担当科です。目の前のご病気の治療のみならず、患者様お一人お一人が、心身ともに健康を取り戻し少しでも豊かな人生をお送りくださるよう、お手伝いをしたいと考えております。
現在は産婦人科の外来診療のみを行っておりますが、手術等専門的な治療や入院加療が必要な患者様には病状、ご希望に合わせて専門の医療機関へ紹介させていただいております。

婦人科一般

月経周期の異常や月経痛、月経前症候群などの月経随伴症状をはじめ、帯下異常や外陰部の症状でお困りの際は、原因精査の上、治療を行います。病状に合わせて超音波検査、CT、MRIなどで精査することで子宮筋腫や卵巣のう腫などの婦人科良性腫瘍、子宮頸がん、子宮体がん・卵巣がんなどの婦人科悪性腫瘍の診断を行います。
また、子宮頸がん健診で異常を指摘された方の2次健診をお受けしております(完全予約制)。
これらの結果、手術療法までは不要と判断され、しかし1次施設では管理が難しいケースを中心に継続診療しております。
現在の体制が外来診療のみのため、手術療法を含めた入院治療が必要なケースに関しては、病状・ご希望に合わせて専門の医療機関へ紹介させていただきます(既に他院で精査が進み、手術治療目的の受診はお受けできません)。

婦人科良性腫瘍疾患

子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症・子宮のポリープ・外陰のバルトリン腺嚢胞など、多種多様な病気があります。定期的に経過をみて良いものから、お薬で治療できるもの、小手術で済むもの、腹腔鏡下手術でも可能なもの、開腹手術をお勧めするものなど、状況も様々ですので、きちんと精査をさせて頂き、ご病状やそれに見合った治療法・必要な療養期間などを十分にご説明し、納得の上で治療をお受け頂くようにしております。手術療法が必要な場合は専門の医療機関へ紹介させていただいております。

婦人科悪性腫瘍性疾患

子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・卵管がん・腟がん・外陰がん・絨毛がんなどがあり、それぞれの前がん病変や、悪性度のやや低い疾患も存在します。ご病気のできる年齢も、20代の若い女性から80-90代の高齢女性まで、様々です。不正出血や下腹部痛など症状のある方だけでなく子宮頸がん、子宮体がんの定期検診もお受けしております。

内分泌疾患

無月経や月経不順、月経困難症、月経前症候群など、月経に関わるもの、不妊症などがあります。月経に関わる異常については、身体的な原因の精査のみならず、生活状況やストレスに起因する部分が無いかなども含め、じっくりとお話を伺って、適切な治療を提案させて頂くようにしております。不妊についても、ご夫婦によって様々なお考えがありますので、まずは不安や疑問にお答えし、ご希望によって、初期の検査や治療に対応させて頂いています。ただし、体外受精などの高度な不妊治療は扱っておりませんので、必要に応じて専門医療機関へご紹介致します。

婦人科感染症

帯下が気になる、なんとなく下腹部が重い、など気になる症状がありましたら性感染症に罹患している可能性もあるため受診する事をお勧めします。

中高年女性の疾患

中年期以降になりますと、更年期障害、骨粗鬆症、脂質異常症、子宮脱(膀胱瘤・直腸瘤)などのご病気がでてくることがあります。更年期障害についてはホルモン補充療法や漢方薬のご提案をさせていただきます。また骨粗鬆症や脂質異常症については、整形外科や内科へのご紹介も視野にいれて検査させていただいております。子宮や膣の壁が緩んで下がってきてしまう子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤については、ペッサリーによる治療法や手術治療をご提案しています。お小水が出にくくなったり、生活に支障をきたりする場合もありますので、我慢なさらず早めにご相談ください。排尿の状態に問題を抱えておられる場合には、当院泌尿器科の専門医とも連携して拝見しております。

不育症

現在医長を務めております設楽は、主に東大病院で不育症の患者様と関わって参りました。流産を繰り返している方(2回を反復流産、3回を習慣流産といいます)や、1回だとしても流産の経験をされ、お悩みをもたれている場合、カウンセリングや検査が可能です。検査する事で、次回妊娠時の方針(薬物療法の必要性など)を決定いたします。


妊婦健診について

当院では分娩はおこなっておりませんが、妊娠34週までの妊婦健診は行っております。
別のタブをご覧ください。

 

妊婦健診について


当院では、現在は分娩は行っておりませんが、妊娠34週までの妊婦健診は行っております。
<セミオープンシステムについて>
妊婦健診は当院で施行し、分娩は提携病院で行うセミオープンシステムを導入しています。
妊娠34週までは当院で健診を行い、分娩や夜間休日の緊急時対応は提携病院で行います。以前は緊急時対応をしてもらうためには初期から周産期センターに通院している必要がありましたが、その結果周産期センターでの健診希望の方が増加、健診での待ち時間が長くなるという事態が発生しておりました。この事態を改善するために作られたのがセミオープンシステムであり、健診は利便性のよい近所の病院、分娩や緊急時は提携先の病院などで対応としております。
健診は、医長の設楽が継続して行います(産婦人科専門医、周産期新生児(母体・胎児)専門医、胎児心エコー認証医)。夜間休日の緊急時、または健診の途中でリスクが高いと判断した場合は提携病院で迅速に対応していただいております。妊婦さんの利便性と安心を同時に実現できる健診スタイルです。
また胎児精密超音波検査(妊娠20週前後)もおこなっております。


提携病院:東京大学医学部付属病院・愛育病院・虎ノ門病院・JCHO東京山手メディカルセンター

妊婦健診可能日
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
午前
9:00~11:30
××××
午後
13:30~15:30
××××
外来は予約制となっております。

妊娠の可能性がある方、妊婦健診をご希望の方は、9時から16時までの間に当院の産婦人科外来までお電話ください。
なるべく、他医療機関からの当院宛紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。紹介状をお持ちにならない場合「選定療養費」がかかります。

メッセージ


メッセージ

外来診療は、原則として予約制になっておりご予約は予約センターでお取りしています。御妊娠の初期や急なお辛い症状がある時など、予約日を持てないご事情がある場合は、金曜日以外の平日の午前中に予約外での診療もお受けしております。その際は、お待たせする時間が長くなります。予約外での受診のご希望がある時にはその旨を外来までお知らせください。学会出張などで急遽休診の場合がございます。
また、当院は産婦人科の医師1名で外来の患者様を診療しております。そのため院内に婦人科救急患者様がいらした時は、優先して診察することがあるため、ご予約をいただいていても待ち時間が長くなる可能性があることがございます。何卒ご理解いただき、ご了承ください。

妊娠の可能性がある方、妊婦健診ご希望の方
03-3269-8111(代表)に平日9時~16時にお電話いただき、産婦人科外来でご予約をお取りください。

それ以外の症状でご予約をご希望の方
03-3269-8180(予約センター)でご予約をお取りください。

 

研修を希望される研修医のみなさまへ

初期研修で産婦人科研修を希望した場合は2年次選択科目として東京山手メディカルセンターにて行います。

診療実績

臨床指標はこちらです。

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

専門外来