診療・各部門の紹介

診療受付のご案内

初めて受診される患者さま

◎受付時間:
午前8時30分から
午前11時30分まで
◎受付場所:
初診受付カウンター

お問い合わせ

03−3269−8111(代表)

休診日

土曜、日曜、祝日

神経内科

当科の特長

私たち神経内科の特長は、親切、正確、迅速、柔軟、丁寧といったところでしょうか。神経疾患は、不安感を伴い、生活に支障をきたし、生命も危うくなることがよくあるので、スピーディーかつ正確な対応が求められます。
たとえば“頭痛”で何日も苦しんでいるとしたら、どうでしょう。生命には別条ないとしても早く治したいに決まっています。でも多くの人は“脳腫瘍かもしれない”、などと不安になり、“内科にかかろうか、それとも脳外科にしようか”などと悩むでしょう。そんなときどこにかかったらいいでしょう、正解はズバリ”神経内科“です。
たとえば“頭痛”の原因には、片頭痛、筋緊張性頭痛、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、動脈解離(動脈壁が裂ける)、動静脈奇形、血管炎、副鼻腔炎、緑内障、頸椎症など、さまざまです。場合によっては脳外科、脳神経血管内治療科、脊椎脊髄外科、耳鼻科、眼科、歯科口腔外科、リハビリテーション科などとの協力が必要です。私たちはこれらの診療科といつも仲良くしているので、必要なときには直ちに電話をかけて、診療を依頼します。
このように“他科と仲が良い”ことも私たち神経内科の特長のひとつといえるでしょう。地域連携も重視しており、患者さんやご家族の依頼があれば、地域の先生と一緒に往診も厭いません。
頭痛、めまい、ふるえ、しびれ、疲れやすい、ボーっとする、ふらつき、しゃっくり、歩行困難、ころびやすい、複視、嚥下困難、意識障害、認知症などで悩んだら、神経内科に受診してください。

神経内科が日常的に診療している疾患は、片頭痛、ビタミン欠乏症、さまざまな脊髄障害、のほかにギランバレー症候群、HTLV-1関連脊髄症、ウイルス性脳炎および髄膜炎、多発硬化症、重症筋無力症、視神経脊髄炎関連疾患、その他の自己免疫性脳炎、傍腫瘍性神経症候群などがあります。あまりなじみのない方が多いのではないかと思いますが、珍しい病気ではありません。慢性炎症性脱髄性多発ニュロパシー、パーキンソン病、びまん性レビー小体病、アルツハイマー病、多系統委縮症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症などの神経難病はもちろん、私たち神経内科の守備範囲です。


以下に私たちが日ごろ診療しているいくつかの疾患について、かいつまんで説明します。

歩行障害,ふらつき

非常に多くの疾患を鑑別する必要があります.神経内科にいらっしゃる患者さんの最も多い症状の一つです。
片頭痛の一種でありながら、“頭痛”ではなく“めまい”が出現する場合もあります。ビタミンB12欠乏は、高齢者の約30%でみられ、“ふらつき”や“うつ病”“認知症”“脳卒中”の原因になることもあります。

めまい

めまいの原因として頻度が多いのは三半規管の異常などですが,脳梗塞や脳出血などによる中枢性めまいもあるので、油断できません。積極的にMRI検査を行うだけでなく、再発予防を重視しています。

しびれ,感覚障害、麻痺・筋力低下

脳,脊髄,末梢神経のいずれの病変でも生じうる症状です.
病歴や診察所見から病変部位を推定し,MRI検査や電気生理学的検査などの結果と合わせて診断します。病歴聴取や診察手技、観察力など、医者の基本的能力が試される奥深さがあります。

頭痛

頭痛外来ではとくに頻度の多い片頭痛の治療に力を入れており,鎮痛薬,トリプタン,予防薬(頭痛の頻度が多い方,あるいは頻度は多くなくても頭痛の程度が強く家庭生活や仕事上の支障が大きい方,などが対象)などを組み合わせて治療を行っていきます。

顔面痙攣(顔面のぴくつき)

多くの場合顔面神経を動脈が圧迫することで発生します。動脈硬化をきたした血管が蛇行して、顔面神経の根元を刺激するのです。血管と神経の間にクッションを挟む手術治療もおこなわれますが、手術以外にボツリヌス治療という選択肢もあります。
ボツリヌス治療はぴくつきや不要に収縮している筋肉に対してボツリヌス菌の毒素を注射して局所の筋緊張をとることで症状の緩和を図ります。
当科の黒川医師は、この治療法に熟達しています。

意識障害

ぼーっとする、意識が遠のくといった比較的わかりやすいタイプもありますが、玄関と浴室を間違えて脱衣してしまうなどの異常行動が出現して、認知症と見誤られていることもしばしばあります。
原因疾患は脳卒中,てんかん、起立性低血圧、不整脈などさまざまです。

物忘れ、認知症

海馬のごく小さな血栓症で出現する一過性全健忘のように突然発症するものや、アルツハイマー病,レビー小体型認知症,脳血管性認知症のように徐々に進行する疾患もあり、適切な治療が必要です。
アルツハイマー病は物忘れで始まって、じわじわ進行しますが、レビー小体病は鮮明な物語性を持った幻視が特徴的です。脳血管障害は不機嫌になって暴言で家族を苦しめることが多く、前頭側頭型認知症は性格変化が目立つなど、認知症にもさまざまなタイプがあります。それぞれのタイプが持つ問題点を掘り起こして、家族の生活も考慮しながら診療します。

パーキンソン病・パーキンソン症候群

社会の高齢化に伴って患者さんが激増してきています.いつとはなしに発症してゆっくり進行するので”年齢のせいだと思っていた”という患者さんも多く、やや進行してから受診されるケースもあります。パーキンソン病は運動症状(動作緩慢,振戦,筋固縮など)のほかに,非運動症状(抑うつ気分,眠気,レム睡眠期行動異常,むずむず脚症候群,嗅覚障害,便秘,頻尿,起立性低血圧など)があり,症状は多彩です.病歴と診察所見だけでも診断可能ですが、最近は放射線を使用してドパミン産生神経細胞の減少の程度を客観的に評価するなどの検査も使っています。当院では患者さんの生活を重視しながら、ご本人の能力を最大限発揮できるようにすることを目標にして、治療薬を選択しています.薬だけに頼るのではなくリハビリテーションも含めた総合的な管理を行うことに注力しています。

 

メッセージ

取り扱う主な疾患

1.神経変性疾患

パーキンソン病,多系統萎縮症,進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症など

2.神経・筋免疫疾患

ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発神経炎,重症筋無力症,多発性硬化症,多発性筋炎/皮膚筋炎など

3.頭痛

片頭痛,緊張型頭痛,群発頭痛などの一次性頭痛,脳卒中・脳腫瘍,脳脊髄液減少症などによる二次性頭痛,痛み止めの頻回使用により悪化した頭痛(薬物乱用性頭痛),後頭神経痛,三叉神経痛など

4.感染症

脳炎,髄膜炎,脳膿瘍など

5.脳卒中(脳神経外科,脳神経・血管内治療科と協力して診療します)

脳梗塞,一過性脳虚血発作,内頚動脈狭窄症,脳出血(手術を要しない程度のもの),脊髄梗塞など

6.てんかん

全般性てんかん,部分てんかん,特発性てんかん,症候性てんかん,複雑部分発作など

7.筋疾患

多発筋炎/皮膚筋炎,筋強直性ジストロフィー,デュシャンヌ/ベッカー型筋ジストロフィーなど

8.末梢神経障害

代謝性ニューロパチー(糖尿病,ビタミン欠乏など),免疫介在性ニューロパチー(ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発神経炎など),絞扼性ニューロパチー(手根管症候群,肘部管症候群,腓骨神経麻痺など)

9.認知症(精神科と協力して診療します)

アルツハイマー病,レビー小体型認知症,脳血管性認知症,正常圧水頭症,前頭側頭型認知症など
 

診療実績

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちらです。

外来担当医

外来担当医表はこちらです。

頭痛外来 毎週月PM・火PM
(詳細は診療内容「頭痛」をご参照ください)